/

ロシア語案内表示、苦情受け一時覆い隠す JR恵比寿駅

(更新)

ロシアのウクライナ侵攻後、東京都渋谷区のJR恵比寿駅にあるロシア語の案内表示に乗客からクレームがあり、JR東日本は7日から紙で覆い隠していたが、対応を疑問視する声が寄せられ、15日に表示を元に戻した。SNS(交流サイト)で「ロシア語に罪はない」「こういうことは差別につながる」などと批判が上がっていた。

同社によると、2018年から改札近くの電光掲示板の裏面に英語と韓国語のほか、ロシア語で「六本木」「中目黒」を表す単語を表示。東京メトロ日比谷線に乗り換えて両駅に向かう経路を示している。六本木駅の近くに在日ロシア大使館があることも踏まえ、東京五輪・パラリンピック開催をにらんで始めたという。

ウクライナ侵攻後、一部の乗客から「不愉快だ」などと苦情があり、駅側が今月7日、ロシア語の表示だけを「調整中」と書いた紙で覆った。この対応にSNSなどで反発が相次ぎ、「ウクライナ人も(ロシア語を表記する)キリル文字を使う」といった指摘もあった。

同社は「(表示を覆い隠したのは)新型コロナウイルス禍で訪日ロシア人が減り、需要が減ったことを受けた対応。足元のウクライナ情勢を受け、抗議が複数あったことも踏まえた」と話す。批判を受け、15日始発から表示を復活。「コロナ禍が収束すれば需要も戻ると判断した」という。〔共同〕

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連企業・業界

業界:

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン