/

この記事は会員限定です

旧統一教会問題「看過できない」 消費者庁検討会提言

(更新) [有料会員限定]
think!多様な観点からニュースを考える

消費者庁の有識者検討会は17日、霊感商法などの救済や対策に関する提言を公表した。論点の一つだった寄付・献金について、消費者契約法の取り消せる「契約」の対象としたほか、同法で規定する取り消し期間の延長などを盛り込んだ。政府は報告書を受け、今後、法整備に向けた調整を急ぐ。

世界平和統一家庭連合(旧統一教会)については「社会的に看過できない深刻な問題が指摘されている」としたうえで、宗教法人法に基づく解...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り750文字

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

※掲載される投稿は投稿者個人の見解であり、日本経済新聞社の見解ではありません。

  • この投稿は現在非表示に設定されています

    (更新)
    (0/300)

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン

権限不足のため、フォローできません