/

この記事は会員限定です

AIで悪質商法防げ 消費者庁、被害相談分析し迅速把握

(更新) [有料会員限定]

消費者庁は悪質商法を巡って消費者から寄せられた情報を人工知能(AI)で分析して被害の防止につなげる。民間と連携した実証実験を既に開始。年間約90万件に上る相談のデータベース(DB)を活用し、深刻なトラブルに発展しかねない契約や商品の傾向を割り出す。サブスクリプション(定額課金)サービスなど取引のデジタル化に伴う被害も出るなか、迅速な実態把握を目指す。

消費者からの相談は全国の各自治体が運営する消...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り922文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン