/

殺害女性宅「初めて訪問」 容疑の大学生、佐賀県警

女性が殺害された現場付近(14日午前、佐賀県鳥栖市)=共同

佐賀県鳥栖市で女性(79)を鈍器で殴り殺害したとして、県警は14日、長崎市の長崎大4年、山口鴻志容疑者(25)を殺人の疑いで逮捕した。同容疑者は女性宅を「初めて訪れた」などと供述しているといい、県警は事件前後の足取りを調べている。

一方、山口容疑者の自宅で事件前日に火災が起きていたことが捜査関係者への取材で分かった。自宅に同容疑者の姿はなく、長崎県警が火災について話を聞くため所在確認を進めていた。

捜査関係者によると、火災は9日午後9時40分ごろ、山口容疑者が住むアパートの火災報知機が作動、室内の一部を焼き、約5分後に鎮火した。

駆け付けた長崎県警の警察官が同容疑者を捜したが、見つからなかったという。

逮捕容疑は10日午後1時すぎ、鳥栖市酒井東町の住宅敷地で無職、大塚千種さんの頭部を鈍器で複数回殴り、外傷性くも膜下出血による脳機能障害で殺害した疑い。

山口容疑者は13日午後0時半ごろ、大分中央署に自首。所持していたリュック内にはハンマーがあったといい、佐賀県警は凶器の疑いもあるとみて鑑定を進めている。〔共同〕

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン