/

「五輪より命優先を」 元日弁連会長が中止要望

東京五輪・パラリンピックをめぐり、元日本弁護士連合会会長、宇都宮健児氏が14日、大会を開催しないよう求める要望書を東京都などに提出した。記者会見で「五輪という華やかなイベントより命を優先すべきだ」と訴えた。

宇都宮氏は中止を求めてオンラインでの署名活動に取り組んでいる。署名はインターネットサイトで募り、既に賛同者が35万人を超えている。〔共同〕

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン