/

小林亜星さんが死去 作曲家「北の宿から」、俳優業も

(更新)
作曲家の小林亜星さん

CM曲や歌謡曲、アニメやテレビドラマのテーマ曲など多彩なジャンルのヒット曲を送り出し、俳優やタレントとしてもお茶の間に親しまれた作曲家の小林亜星(こばやし・あせい)さんが5月30日、心不全のため東京都内の病院で死去した。88歳だった。葬儀は近親者で行った。

慶応大在学中にバンドを結成しジャズに傾倒。卒業後は作曲家の服部正氏などに師事した。1960年代にレナウン(当時)のCM曲「ワンサカ娘」「イエイエ」がヒットし、人気作曲家に。ブリヂストンの「どこまでも行こう」といったCM曲や、アニメ「魔法使いサリー」「ひみつのアッコちゃん」、テレビドラマ「裸の大将」などテレビ番組のテーマ曲も多く手掛けた。

72年に「ピンポンパン体操」が200万枚を超すヒットを記録し、日本レコード大賞童謡賞を受賞。76年には都はるみさんが歌った「北の宿から」で日本レコード大賞を受賞した。

74年に向田邦子さん脚本のテレビドラマ「寺内貫太郎一家」で主演。特徴的なキャラクターが好評を博し、以降は俳優、タレントとしても活躍した。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連企業・業界

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン