/

本屋大賞に町田そのこさん 「52ヘルツのクジラたち」

町田そのこさん

全国の書店員が最も売りたい本を選ぶ「2021年本屋大賞」の受賞作が14日発表され、大賞に町田そのこさん(41)の「52ヘルツのクジラたち」(中央公論新社)が選ばれた。

発表会で登壇した町田さんは「(編集者や書店員ら)たくさんの人の思い、受け取ってくれた読者の皆さんのおかげ。私の力ではないと思う」と涙で声を詰まらせた。

受賞作は、大分県の亡き祖母の家に移り住み、つらい記憶を抱えてひっそりと暮らしていた貴瑚と、親の虐待で口がきけなくなった少年の出会いと成長を丁寧に描いた。

町田さんは福岡県在住。16年に「カメルーンの青い魚」で「女による女のためのR-18文学賞」大賞を受賞、翌年に同作を含む連作短編集「夜空に泳ぐチョコレートグラミー」でデビューした。

翻訳小説部門はディーリア・オーエンズ著「ザリガニの鳴くところ」(友広純訳、早川書房)。

本屋大賞の2位以下は次の通り。(敬称略)

②青山美智子「お探し物は図書室まで」(ポプラ社)③伊吹有喜「犬がいた季節」(双葉社)④伊坂幸太郎「逆ソクラテス」(集英社)⑤山本文緒「自転しながら公転する」(新潮社)⑥伊与原新「八月の銀の雪」(新潮社)⑦凪良ゆう「滅びの前のシャングリラ」(中央公論新社)⑧加藤シゲアキ「オルタネート」(新潮社)⑨宇佐見りん「推し、燃ゆ」(河出書房新社)⑩深緑野分「この本を盗む者は」(KADOKAWA)〔共同〕

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン