/

この記事は会員限定です

飲食店、見えぬ時短の「解」 13都県でまん延防止措置

[有料会員限定]

東京都など13都県に新型コロナウイルスの「まん延防止等重点措置」の適用が決まり、21日から再び飲食店に営業の自粛が要請される。時短営業がなぜ必要なのか、感染力が強いとされる変異型「オミクロン型」にどこまで有効なのか。具体的な根拠が示されないまま繰り返される要請に、店主らからは戸惑いの声が漏れてくる。

東京都中央区で居酒屋「たいこ茶屋」を経営する嵯峨完さん(73)は、これまで午後11時だった閉店時...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1233文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン