/

この記事は会員限定です

必要な助けを必要な人に 難病・虐待体験糧に支援奔走

(更新) [有料会員限定]

幼少期、自分が虐待被害児だとは考えもしなかった。さまざまな福祉的支援策の存在も、誰も教えてはくれなかった。「もし知っていたら、家族がこれほど苦しまずに済んだかもしれないのに」。佐藤まみさん(27)は今も大きな後悔を抱える。

小学5年で母が統合失調症にかかった。幻覚の影響で身内に暴力を振るう。精神科の病棟で鉄格子ごしにベッドに身体を拘束されていた姿は忘れられない。1回3~4カ月におよぶ入院を年単位で...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1383文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン