/

政治家の紹介融資、検察「公庫が特別扱い」 遠山氏公判

(更新)

日本政策金融公庫の融資を違法に仲介したとして貸金業法違反(無登録営業)の罪に問われた元衆院議員、遠山清彦被告(52)が14日、東京地裁(丹羽敏彦裁判長)の初公判で起訴内容を認めた。検察側は冒頭陳述で、政治家が紹介した融資案件に公庫の「特別対応」があったと指摘。新型コロナウイルス下の救済制度を巡り、立場の違いで不公正な取り扱いが繰り返されていた疑いが浮上した。

遠山元議員は初公判に黒のスーツ、紺色のネクタイ姿で出廷した。罪状認否で「間違いございません」と起訴内容を認め、「自身の行いはもとより、政治不信を招いたことを深く反省している」と謝罪した。

本店内で一元対応

検察側の冒頭陳述によると、日本公庫は国会議員やその秘書から融資を希望する中小企業の紹介を受けた場合、本店の「中小企業事業本部顧客支援室」が一元的に担当する「特別の対応をしていた」という。

支援室は議員や融資希望者の情報を支店に連絡するとともに、支店の融資課長らを窓口担当者に指名。担当者は希望者と直接面談するなどして、審査手続きを「迅速かつ丁寧に進めていた」と主張した。

遠山元議員については「公庫側の特別対応を前提として、公庫側に個別の要望を伝え、(企業側から)謝礼の趣旨の現金提供を受けていた」と述べた。仲介の対象は「自己の支持者、支援者に限定せず、幅広く受け付けていた」とみられる。

公庫側との交渉に当たったのは当時の政策担当秘書らだった。秘書らは融資の進捗や結果などに関する一覧表を作成、元議員は秘書らから報告を受けていたという。

仲介は計111回、37億円超の融資

元議員による元秘書らを通じた融資仲介は議員辞職後も続いた。冒陳などによると、一連の仲介は計111回で、貸付総額は37億円超に上った。

関係者によると、元議員は仲介の謝礼として1000万円超を受領していたという。検察側は、こうした現金を「投資信託の購入費用や生活費などに充てていた」と指摘した。

元議員は2019年9月から20年9月まで公庫を所管する財務省で副大臣を務めた。コロナの感染拡大に伴う緊急事態宣言期間中の深夜、東京・銀座のクラブを訪れていたことが21年1月に発覚し、議員辞職。公明党は今年1月、元議員を除名した。

企業側「融資早まった」、公庫は「適正に対応」
遠山元議員の貸金業法違反事件で、融資の仲介を依頼した企業は「元議員のおかげで融資が早まった」と口をそろえた。公判では日本公庫の幹部らが、政治家が絡む案件の特別扱いについて詳述していたことが判明したが、公庫は公式のコメントで融資の適正さを改めて強調した。
「融資申請の資料がそろう前に公庫の担当者から連絡があって驚いた」。関東地方にある建設会社の経営者は、2020年夏に日本公庫の担当者から受けたという電話を鮮明に覚えている。
コロナの影響で売り上げが急減し、数日前に元議員と親しい環境関連会社の元顧問、牧厚被告に融資の相談をしたばかりだった。
経営者は牧被告から仲介の謝礼として手数料を支払うよう求められた。「当座の運転資金が必要で、わらにもすがる思いだった」。元議員側に仲介を依頼した別の企業の経営者も「思っていたより融資が決まるのが早かった」と明かす。
コロナ下の中小企業などを対象にした日本公庫の融資は20年1月下旬に始まり、21年3月末までの融資件数は80万件を超えた。
窓口には連日、申し込みが殺到し、公庫側から企業側に連絡があるまでに数カ月かかることも。早期融資に向け、企業側が頼ったのが財務副大臣も務めた元議員の影響力だった。
初公判で検察側が明らかにした証拠によると、公庫の幹部らは特捜部の聴取で「議員の紹介案件は本店で一元的に対応し、進捗状況も議員側に伝えていた」「本店から指名された支店の担当課長が進捗を管理し、円滑かつ迅速に進めるよう工夫していた」などと説明した。
過去に政治家が仲介した融資に関わった行政書士は「審査結果の通知が早くなったり提出資料が少なく済んだりすることはあった」と打ち明ける。牧被告も調べに対し「(優先搭乗できる)飛行機のファーストクラスのようなイメージ」と、公庫による特別扱いについて述べていた。
ある検察幹部は「公庫の不平等な対応が事件の本質のひとつだ」と強調する。
初公判で指摘された内容について、日本公庫広報部は14日、「司法当局の対応について公庫がコメントすることではない。(融資は)公庫の審査基準に沿って適正に対応している」と話している。

遠山元議員の起訴内容 起訴状によると、元議員は2020年3月~21年6月、貸金業登録を受けずに企業からの融資希望を日本政策金融公庫に伝え、企業側に公庫の担当者を紹介するなどして融資を仲介したとされる。一部は環境関連会社の元顧問、牧厚被告(74)=貸金業法違反の罪で在宅起訴=と共謀した。事件では太田昌孝・元公明党衆院議員の元政策秘書、渋谷朗被告(61)と同社の元顧問、川島裕被告(78)も仲介に関与したとして同罪で在宅起訴された。牧被告ら3人の公判は別途開かれる。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連企業・業界

業界:

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン