/

信楽鉄道事故31年で法要 犠牲42人へ黙とうと警笛

(更新)

滋賀県甲賀市(旧信楽町)で信楽高原鉄道(SKR)とJR西日本の列車が衝突し、42人が死亡し600人以上が負傷した事故から31年となった14日、現場近くの慰霊碑前で、犠牲者の追悼法要が新型コロナウイルス感染予防のため参列者数を絞って営まれた。

法要は鉄道側が主催。SKRの正木仙治郎社長とJR西の長谷川一明社長らが黙とうし、慰霊碑に花を供えた。発生時刻の午前10時35分ごろにはSKRの列車が警笛を鳴らして現場を通過した。

終了後、正木社長は「安全を第一に運行していくことが鉄道事業者の責務だ」と述べた。事故を社内で総括した冊子を作っていたことを明らかにし、内部資料のため公開する予定はないとした。

長谷川社長は「亡くなられた方におわび申し上げる。安全の誓いを強くした」と硬い表情で語った。

SKR社員だった50代の父を亡くし、数年ぶりに法要に訪れた滋賀県の50代男性は「事故を生涯忘れることはない。父親の年齢を超え、今を生かされていると思っている」と遠くを見つめた。

事故は1991年5月14日に起きた。JR西の車両に乗っていた姉を失った京都市右京区の会社員、臼井慈華子さん(51)は、法要への参列を見送ったが、事前の取材に応じ「月日がたっても、悲しみは変わらない。二度と同じようなことが起こらないためにも、安全を軽視したら何が起こるのかを意識してほしい」と、2社を含めた交通事業者らへ求めた。

法要には2005年の尼崎JR脱線事故で長女を亡くした大阪市の藤崎光子さん(82)も参列した。〔共同〕

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連企業・業界

業界:

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン