/

前沢氏12月に宇宙基地へ 日本の民間人飛行士で初

ZOZO創業者の前沢氏

衣料品通販大手ZOZO(ゾゾ)創業者の前沢友作氏は13日、ロシアのソユーズ宇宙船で12月に国際宇宙ステーションに向かうと発表した。滞在期間は約12日間の予定で、日本人の民間人宇宙飛行士としては初。6月中旬からロシアで約100日間の訓練に入る。

前沢氏などによると、12月8日にカザフスタンのバイコヌール宇宙基地を出発。操縦士としてソユーズに搭乗経験のあるロシア人飛行士らが同乗する。

前沢氏は、2023年に米スペースXが開発中の次世代宇宙船「スターシップ」で月周回旅行を行うと発表済み。前沢氏は「一足先に宇宙を訪れることで期待や安心感を高めたい」としている。

日本人で商業宇宙飛行をするのは1990年の秋山豊寛さん(当時TBS記者)以来。宇宙飛行士の山崎直子さんは「宇宙が民間へ開かれた場になっていく象徴となることでしょう」とのコメントを出した。〔共同〕

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン