/

宮城沖地震、30年以内70~80% 地震調査委が再計算

政府の地震調査委員会は13日、マグニチュード(M)7.4程度を想定する宮城県沖地震(陸寄り)の30年以内の発生確率を70~80%に引き上げたと発表した。

新年を迎えると時間の経過を反映して再計算するため、計算値が変動する。昨年は60~70%、一昨年は60%程度だった。宮城沖地震は特に短い間隔で起き、確率が上がりやすい。

平田直委員長(東京大名誉教授)は「地震が起きやすい場所だということを忘れず、引き続き地震に備えていただきたい」と話した。

地震調査委は、陸海の地震について、起こり得る規模や確率を予測する「長期評価」を作成、公表している。〔共同〕

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン