/

DaiGoさん、ホームレス差別発言で謝罪  動画に批判

「メンタリスト」を名乗り執筆やインターネットでの発信を続けるDaiGoさんが動画投稿サイト「ユーチューブ」で「ホームレスの命はどうでもいい」などと発言して批判を集め、13日夜、ユーチューブで「無知が招いた失態だと反省している。大変申し訳ありません」などと謝罪した。

ホームレスへの差別や攻撃を助長しかねないとして、ホームレス支援者の間やネット上で批判されていた。

DaiGoさんは7日、「超激辛」とした動画配信で「自分にとって必要のない命は僕にとって軽い」と述べ「ホームレスの命はどうでもいい。いない方が良くない? 人間は自分たちの群れにそぐわない、群れ全体の利益にそぐわない人間を処刑して生きていける」などと発言。「生活保護の人たちに食わせる金があるんだったら猫を救ってほしい」とも語った。

これに対し「優生思想に直結する」などと批判が殺到。DaiGoさんはその後も「(批判している人より)はるかに税金を払っているので僕の方が助けている。個人の感想としては猫の(命の)方が重い」という趣旨の発言を配信。謝罪動画では「生活困窮者の状況を知らないので勉強しようと思っている」とした。

ホームレス襲撃防止活動に取り組むノンフィクション作家北村年子さんは、7日の発言を受け「これでまた襲撃が始まるかもしれず、とても怖い。ホームレスは新型コロナウイルス禍や災害、リストラで誰もがなる可能性がある。想像力の欠如だ」と指摘していた。

DaiGoさんは多数の著書があり、ユーチューブのチャンネル登録者数は約250万人。7日の動画は13日夕で21万回以上再生されている。〔共同〕

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン