/

63歳女性にワクチン接種 長野県北相木村、人口特例で

65歳以上の高齢者への新型コロナウイルスワクチン接種が始まった長野県北相木村で、接種事務を手伝う63歳の女性が13日に接種を受けたことが村への取材で分かった。60~64歳への接種は65歳以上や基礎疾患のある人などより後とされているが、人口の少ない自治体に認められる特例を適用した。

厚生労働省によると、ワクチン接種の優先順位は①医療従事者ら②65歳以上の高齢者③基礎疾患のある人、高齢者施設などで働く人、60~64歳の人④それ以外の人――となっている。厚労省は人口千人未満の離島や市町村で、12日に始まった②の接種希望者を上回るワクチンが供給された場合、③や④への接種も差し支えないとしている。

約380人が住む沖縄県うるま市の津堅島では今月15日、高齢者と同時に16歳以上の一般住民への接種が始まる予定。〔共同〕

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

新型コロナ

新型コロナウイルスの関連ニュースをこちらでまとめてお読みいただけます。

ワクチン・治療薬 休業・補償 ビジネス 国内 海外 感染状況

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン