/

甲府の事件、逮捕の19歳「人殺した」出頭 家族と面識か

(更新)

甲府市の住宅が全焼し住人の井上盛司さん夫婦とみられる遺体が見つかった事件で、山梨県警南甲府署の捜査本部は13日、井上さんの娘を殴ってけがを負わせたとする傷害容疑で甲府市の少年(19)を逮捕した。捜査関係者によると、12日夜に車を運転し、市内から30キロ近く南にある県内の駐在所に「人を殺してしまった」と出頭した。県警は車を押収した。

井上さん夫婦はともに50代で、10代の娘2人との4人暮らし。少年は姉と面識があったという。刃物で妹を襲っていた疑いがあり、県警は見つかった遺体との関係を調べ、殺人や現住建造物等放火の容疑でも調べる方針。

逮捕容疑は12日午前3時43分ごろ、甲府市蓬沢1の井上さん宅で、1階で妹の頭を殴り、打撲などのけがを負わせた疑い。妹は少年と鉢合わせになった。

捜査本部によると、少年は傷害容疑を「間違いありません。1人でやった」と認めた。放火もほのめかしている。少年は顔にやけど、手にけがをしており、病院で治療を受けた。

姉妹はベランダから逃げ出し、12日午前3時45分ごろ姉が110番。約5分後に木造2階建てから出火した。出火から短時間で急激に燃え広がっていたことも新たに判明。複数の住民が「灯油の臭いがした」と証言しており、捜査本部は油類が使われたとみている。

捜査関係者によると、少年は12日午後7時ごろ、当時無人だった南部署下部駐在所(身延町)に車で出向いた。

現場周辺の路上に血痕が点々と残され、捜査本部は防犯カメラの映像を分析するなどして足取りを捜査。目撃証言などから、若い男が侵入したとみて行方を追っていた。〔共同〕

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン