/

この記事は会員限定です

渋滞緩和へ五輪で実験 首都高1000円上乗せ、19日開始

(更新) [有料会員限定]

23日に開幕する東京五輪では、選手らの移動を円滑に進めながら、都心部の渋滞をどのように緩和するかが課題だ。政府は大会期間中、首都高速道路で時間帯によって料金を変え、交通量を調整する「ロードプライシング」を試行的に始める。慢性的な渋滞解消の切り札として、将来的な導入を視野に入れるなか、今回の取り組みは試金石となる。

選手らは選手村と競技会場間を主にバスで移動する。競技に集中できるよう、時間通り動ける...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1140文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン