/

前田米造氏が死去 映画撮影監督

前田 米造氏(まえだ・よねぞう=映画撮影監督)7月6日、誤嚥性肺炎のため死去、85歳。告別式は近親者で行った。

1954年、日活撮影所に撮影助手として入社。「赫い髪の女」などロマンポルノ作品を数多く手掛けたほか、82年に独立後は、森田芳光監督「家族ゲーム」、伊丹十三監督「マルサの女」などを担当した。2007年、旭日小綬章。〔共同〕

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン