/

この記事は会員限定です

就職支援の委託費、14道県で2千万円過大受給 検査院

[有料会員限定]

離職者向け再就職支援事業(公共職業訓練)の託児サービスの委託費を巡り、会計検査院が所管する厚生労働省に対し、14道県が誤った計算方法で算定した額を国に申請し、総額約2千万円を過大に受け取っていたと指摘したことが13日、関係者への取材で分かった。同省は各都道府県に注意を促し、過払い分を国に返還するよう通知した。

公共職業訓練は都道府県が主体となって離職者の再就職支援を事業者に委託し、国費で介護や医療...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り388文字

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン