/

この記事は会員限定です

知床沈没、改善申告するも守らず 21年事故で運航会社

(更新) [有料会員限定]

北海道・知床半島沖の観光船沈没事故で、国土交通省は13日、運航会社「知床遊覧船」が2021年に起こした事故を巡り、国の特別監査後に提出した改善報告書などを開示した。運航中は責任者と常に連絡できる状態を維持するなどとしていたが、沈没事故の際は多くの項目で反していた。監査の実効性も問われており、国は「反省し、見直す」考えを示した。

国交省が開示したのは、沈没した観光船「KAZU Ⅰ(カズワン)」の2...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1371文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン