/

この記事は会員限定です

北方領土・国後島で女性遺体 海保、知床事故の関連調査

[有料会員限定]

ロシアが実効支配する北方領土・国後島の海岸で女性の遺体が見つかっていたことが13日、海上保安庁への取材で分かった。北海道・知床半島沖で事故を起こした観光船「KAZU Ⅰ(カズワン)」の行方不明者の可能性があるとみて、情報収集を進めている。

海保によると、ロシア側から連絡があったのは10日で、女性の遺体が6日に国後島西岸に打ち上げられていたのが見つかったという。国籍は不明で、身元確認につながる所持...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り220文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン