/

この記事は会員限定です

「1時間50ミリ」「24時間100ミリ」…どんな雨?

(更新) [有料会員限定]

「1時間に50ミリ」「24時間で100ミリ」……。台風や大雨に見舞われた際、天気予報の降水量を聞いても、どれくらいの雨が降るのか、どんな災害につながる恐れがあるのか、イメージしづらいケースもある。あらかじめ具体的な影響を把握しておけば、避難の判断などにも役立つ。

気象庁は全国1300カ所の観測点に雨量計を設置し、1時間、3時間、6時間、12時間、24時間、48時間、72時間――の7つの期間の降水量...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1069文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連キーワード

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン