/

この記事は会員限定です

住宅機構の基金、低金利下で74億円過大 検査院が指摘

[有料会員限定]

住宅金融支援機構が金利変動に伴う損失に対応するため政府出資金を原資に積み立てている基金を巡り、会計検査院が、低金利が続く中で74億円が過大になっていると指摘したことが13日、関係者への取材で分かった。機構が非常時への備えを重視し、状況の変化に合わせて必要額を見直すことを怠っていた実態が浮き彫りになった。

指摘を受けて機構は74億円を国庫に納付し、所管する国土交通省とともに必要額を毎年、検証する。...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り664文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連企業・業界

企業:
業界:

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン