/

この記事は会員限定です

技術情報の流出対策強化、公安庁 組織拡充や啓発で

[有料会員限定]

公安調査庁は2021年度から、経済安全保障に関わる企業や研究機関の技術情報について流出対策を強化する。組織を拡充して情報収集や分析にあたるスタッフを増員。企業などから相談を受ける専用の窓口も設ける。

技術情報の流出は企業の信頼を低下させ、他国に渡れば日本の技術的優位を損なわせて国際競争上の不利益につながりかねない。流出した技術が大量破壊兵器などの研究、開発に転用される恐れもある。企業の営業秘密を不...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り846文字

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン