/

この記事は会員限定です

技能実習生の失踪、半年後も2割検査せず 検査院報告 

(更新) [有料会員限定]

会計検査院は16日、認可法人「外国人技能実習機構」(東京)による実習生失踪の実地検査が滞っているとする報告書を公表した。来日する際、高額な手数料の支払いを求められる実態も浮かび上がる。技能実習を巡っては米国務省も1日に「労働者の搾取が続いている」などと指摘しており、国内外の批判が強まっている。

同機構は2017年、実習生保護などを目的とする技能実習法に基づき設立された。法務省と厚生労働省の所管の...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1754文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン