/

安倍元首相の国葬差し止め、訴え却下 東京地裁

安倍晋三元首相の国葬に関連して市民団体が提訴していた訴訟のうち、東京地裁は12日までに、国葬実施や国費からの支出を差し止めるよう求めていた訴えの部分をいずれも却下する判決を出した。原告側が明らかにした。国葬実施に伴う精神的苦痛に対する損害賠償を求めた部分は審理が別途続けられる。

国葬を巡っては、実施や予算執行の差し止めを求めて大阪など各地で申し立てられた仮処分も相次いで退けられている。

国葬差し止めなどの訴えを却下した判決で、岡田幸人裁判長は国葬の実施が弔意や関連の行動を強制する効果を持つとは考えられないと判断。国費からの支出については、差し止め訴訟を起こすことができる法律上の規定がないと指摘した。〔共同〕

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン