/

生活保護減額合憲で控訴 北海道の受給者ら

2015年までの3年間に生活保護の基準額を引き下げたのは憲法が定める生存権の侵害だとして、北海道の受給者ら約130人が自治体による引き下げ処分取り消しを求めた訴訟で、原告側は12日、請求を棄却した札幌地裁判決を不服として控訴した。

控訴したのは原告のうち105人。3月29日の判決は、厚生労働相が独自の物価指数を基に基準額を算出したからといって判断に誤りがあるとはいえず生活保護法にも違反しないと結論付け、合憲と判断した。〔共同〕

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン