/

この記事は会員限定です

JR62路線の赤字区間、26%に災害リスク 存廃議論に影響

[有料会員限定]

JRの赤字区間の26%に土砂災害や洪水のリスクがあることがわかった。日本経済新聞が調査したところ、1キロメートルあたりの1日平均利用者数を表す「輸送密度」が1000人未満の赤字区間は62路線で計4440キロメートルあり、うち約1140キロメートルにリスクがある。被災すれば復旧は黒字区間より困難になる。国や自治体、JRは今後、赤字区間の存廃を含め運営形態などを議論するが、災害リスクは合意形成に影響...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1292文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

関連企業・業界

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン