/

この記事は会員限定です

希少難病の小児家庭、経済負担重く 治療外に年37万円

(更新) [有料会員限定]

症例が少ない希少難病の子どもがいる家庭で、病状に適した食事費など治療以外にかかる費用が年間37万円に上ることが、患者家族を支援する一般財団法人「健やか親子支援協会」(東京・渋谷)の試算で分かった。こうした負担は公的支援を受けにくく、団体は「経済的なサポートが必要」と訴えている。

2~3月、先天性代謝異常症の「フェニルケトン尿症」など希少難病の20歳未満の子どもがいる90世帯にアンケート調査した。こ...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り366文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン