/

教育岩盤 永守重信氏らインタビューまとめ読み

岩盤のように変化を忌避する日本の学校教育。その原因や打開策をキーパーソンや有識者に聞いたインタビューをまとめました。

学校経営参入の永守重信・日本電産会長「社会が求める人材育てる」

多額の私財を投じて学校経営に参入した永守重信・日本電産会長の手腕に注目が集まっています。京都先端科学大学工学部を開設した狙いや、現在の大学に足りないもの、どんな人材を世の中に送りだそうとしているのかを聞きました。

日本初の全寮制国際高校開設の小林りん氏「多様な選択肢必要」

日本の学校教育は仲間内で固まり、異分野から参入する際の壁が高いと指摘されます。外資系企業などを経て長野県軽井沢町に日本初の全寮制国際高校を開設した小林りん氏も県の審議会の壁を突破するのに苦労を重ねたといいます。

元官僚の坂東真理子・昭和女子大総長「社会に尽くすエリート育成を」

リーダー層である政治家や官僚による不祥事が後を絶たない背景には教育の問題があると指摘する声が少なくありません。東京大出身で官僚を務めた坂東真理子・昭和女子大総長は、大学での人材育成のあり方などに問題があると指摘します。

同調圧力研究の太田肇・同志社大教授「厳しいルール、アイデア生まず」

子どもを枠にはめ、はみ出しを許さないのは日本の学校教育に特有の傾向です。同志社大の太田肇教授は、技術革新が急速に進む中で、自由な発想を阻害しがちな日本の教育を受けた人材が世界の潮流についていけなくなる懸念があるといいます。

秋入学構想の小原芳明・玉川学園理事長「変革の好機生かせ」

戦後まもなくできた6・3・3・4制などの仕組みを守り、変化に後ろ向きな日本の教育界。9月入学の一貫教育校を創設し、学力の定着度合いで進級を決める修得主義導入をめざす玉川学園の小原芳明理事長に狙いを聞きました。

教育岩盤

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

教育岩盤

「岩盤」のように変化を忌避する日本の学校教育。新しい試みに背を向けたままでは、国際化やデジタル技術の進展、新型コロナウイルス禍という時代の転換期をけん引する人材は育たない。「教育岩盤」の実態と打破をめざす動きを追った。

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

関連企業・業界

企業:

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン