/

オオカミ犬2頭が一時逃走 長野、被害なし

長野県富士見町で、飼育に許可が必要な特定動物に指定されている体長約1メートルの「オオカミ犬」2頭が住宅から一時逃走する騒ぎがあり、県警や保健所が最大時約50人態勢で捕獲作業を進め、12日午後、2頭とも捕まえた。けが人はいなかった。飼い主の男性はブリーダーとして県の許可を得ていたといい、県警は逃走状況を調べる。

茅野署によると、11日早朝に飼い主が起きた際、2頭が逃げ出していることに気付いた。穴を掘って外に逃げた可能性が高いという。飼い主が行方を追っていたところ、11日夕に「猟犬のような犬を男性が追い掛けている」と通報があり、県警も捜索に加わった。

2頭は遠くには逃げず、自宅周辺にいるのを確認。11日夜から県警や保健所がわなをしかけるなどして捕獲作業を行った。12日午後2時10分ごろ、飼い主の自宅近くで網を使うなどして2頭を追い込み、捕まえた。

県警が飼い主から聞いた説明では、2頭は人を見ると逃げ出すような臆病な性格で、屋外のおりで飼育されていた。〔共同〕

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン