/

国家公安委員長、警察庁に警備検証指示 安倍元首相銃撃

(更新)

二之湯智国家公安委員長は12日の閣議後の記者会見で、安倍晋三元首相が奈良市の街頭演説中に銃撃され死亡した事件について「重大な結果について、非常に重く受け止めている」と語った。警察庁に対し、警備に関する検証チームを立ち上げるよう指示したと明らかにした。12日午後、臨時の国家公安委を開く。

8日の事件発生後、二之湯氏が記者会見するのは初めて。安倍氏は背後から接近されて銃撃を受けた。警察庁は警護や警備に問題があったとみて態勢や現場対応の検証を急ぐ。警護計画は奈良県警が策定したが警察庁に事前報告する運用になっておらず、同庁のこうした関与のあり方が適切だったかも調査する。

演説現場では奈良県警の警察官のほか、警視庁のSP(セキュリティーポリス)1人も警戒に当たっていた。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

2022年7月8日午前11時半ごろ、奈良市の近鉄大和西大寺駅近くの路上で発生した安倍晋三元首相銃撃に関する最新ニュースや速報をまとめました。

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン