/

台風8号、13日に上陸恐れ 東海は線状降水帯の可能性

(更新)

台風8号は12日、日本の南の海上を北上した。今後はやや速度を上げながら進み、13日には東海や関東甲信に接近、上陸する恐れもある。気象庁は台風接近に伴い、同日中に東海地方に線状降水帯が発生する可能性があるとの予報を発表。土砂災害や洪水などに警戒を呼びかけた。お盆の時期と重なり、交通機関への影響にも注意が必要となりそうだ。

台風は13日午前0時現在、潮岬の南南東約130㌔を時速約20㌔の速さで北へ進んだ。中心気圧は1002ヘクトパスカルで中心付近の最大瞬間風速は25メートル。中心の東側440キロ以内と西側165キロ以内では風速15メートル以上の強風域となっている。

気象庁は台風やその周辺の暖かく湿った空気の影響で、東日本では太平洋側を中心に、13日にかけ警報級の大雨となる恐れがあるとした。

13日午後6時までの24時間の予想雨量は、いずれも多い所で東海300ミリ、関東甲信200ミリ。その後の24時間では東海100~200ミリ、関東甲信100~150ミリが見込まれている。

13日の予想最大風速(最大瞬間風速)は関東、東海などで20メートル(30メートル)。波の高さは関東、伊豆諸島、東海でいずれも5メートルと見込まれ、気象庁は高波にも警戒をよびかけている。

最新の社会ニュース・コラム・調査報道

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン