/

骨髄バンク、新規ドナー大幅減 コロナで登録機会減る

(更新)

骨髄バンクの新規ドナー(提供希望者)登録数が新型コロナウイルス禍の影響で大幅に減少している。白血病などの治療のために骨髄の提供希望者を募る「登録会」を学校で開く機会が減ったことが響く。登録会は献血とセットで行われることが多く、ドナーを待つ人々は「最寄りの献血会場や献血ルームに足を運んでほしい」と訴える。

日本骨髄バンク(東京)によると、年間の新規ドナー登録数は、約2万7500人だった2014年以降は年々増え、18年は約3万5千人となった。

19年は競泳で東京五輪代表に決まった池江璃花子選手(20)が白血病を告白した影響もあり、最多の約5万9900人にまで増えたが、20年は2万8900人に。21年も回復傾向は見られないという。

大学や専門学校、高校など学校での登録会の開催数が、コロナ禍に伴う休校などで激減した影響が大きい。19年度は848回だったのに対し、20年度は197回にとどまった。日本骨髄バンクの担当者は「ドナー登録への理解が広がってきたと感じていたところだったのに……」と話す。

長女に対する骨髄移植ドナーを探している大阪府守口市の栄田慶子さんは「娘に適合するドナーがなかなか見つからない」と打ち明ける。

日本骨髄バンクによると、白血球の型が患者と一致する確率は兄弟姉妹の場合で4人に1人だが、非血縁者との間では数百人から数万人に1人と大きく下がる。

栄田さんは「娘の体調はいつ悪化してもおかしくない。毎日が不安で仕方がない。一人でも多くの人に登録してもらいたい」と話している。〔共同〕

骨髄移植治療 白血病など正常な血液をつくれなくなる疾患の治療法。血液のもとになる造血幹細胞を豊富に含む健康な人の骨髄液などを移植する。移植には白血球の型である「HLA型」の一致が条件で、移植が必要な患者は毎年約2千人いる。
53万人超が骨髄バンクにドナー登録しているが、HLA型が患者と一致する確率「適合率」が低いことや直前の提供辞退などで、実際にバンクを通じて移植を受けられる患者は6割弱だという。〔共同〕

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン