/

この記事は会員限定です

3度挑戦、40代で臨床心理士に 経験糧に「心」支える

(更新) [有料会員限定]

東京都品川区の心療内科クリニックに勤務する大塚紀広さん(45)は、臨床心理士として2年目の春を迎えた。40歳で大手の人材サービス会社を辞め、長年の夢だった資格を取った。今では「自分の気持ちに正直にならずに働き続けていくほうがつらかった」との思いを強くしている。

心理学に興味を持ったのは高校生のころ。当時は将来への漠然とした不安や悩みを抱えていた。心理学の本は「その要因をひもといてくれ、目には見え...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1829文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン