/

この記事は会員限定です

コロナ「第8波」、外来逼迫を警戒 インフル患者増加で

[有料会員限定]

新型コロナウイルスの感染拡大「第8波」で、医療機関が発熱外来の逼迫に警戒を強めている。今冬は前シーズンと比べてインフルエンザの患者が増えており、同時流行が懸念されるためだ。発熱外来に患者が集中しないよう柔軟な医療体制づくりを求める声が上がる。

「陽性率が上昇している」。いとう王子神谷内科外科クリニック(東京・北)の伊藤博道院長は危機感をにじませた様子で話す。発熱外来に訪れる人のコロナ陽性率は10...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1634文字

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン

権限不足のため、フォローできません