/

この記事は会員限定です

お手軽キャンプに要注意 ガス機器事故、コロナ禍で急増

(更新) [有料会員限定]

新型コロナウイルス禍で需要が高まるキャンプなどで用いるガス機器の事故が多発している。「3密」を避けられるほか、自宅での「おうちキャンプ」にも応用でき、初心者もお手軽に楽しめる半面、取り扱いに慣れないことで引き起こされる事故も。製品評価技術基盤機構(NITE)は夏の本格的なシーズンを前に、改めて注意を呼びかけている。

キャンプ場でテントを立てた男性。テント内で小鍋に火をかけて調理をしていると、雨が降...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1096文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン