/

吉野浩行氏が死去 元ホンダ社長

(更新)

ホンダ社長を務めた吉野浩行(よしの・ひろゆき)氏が4月1日午前6時40分、死去した。82歳だった。連絡先は同社広報部。お別れの会を行うが日取りなどは未定。喪主は妻、悦子さん。

1998年にホンダ社長に就任。低公害エンジンや燃料電池など、環境技術の重要性を早期から見抜き、同社の成長に尽力した。若手時代には米国の厳しい環境規制「マスキー法」に適合したエンジン「CVCC」の開発に加わった。CVCCは、マスキー法を初めてクリアしたエンジンとして販売が拡大し、低公害技術で世界をリードした。

燃料電池車(FCV)では、2002年に「FCX」の販売にこぎつけた。当時、首相官邸で車両を納車後、成田空港に直行。同日中に米国でも納車式に参加し、話題となった。在任中の02年には小型車「フィット」がホンダとして初めて車名別で首位になった。13年、旭日重光章。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連企業・業界

企業:

関連キーワード

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン