/

この記事は会員限定です

コロナ療養中でも一票を 選管、郵便投票の周知急ぐ

(更新) [有料会員限定]

31日投開票の衆院選を控え、新型コロナウイルスの患者が療養中でも投票機会を失わないように、各地の選挙管理委員会が郵便投票制度の周知を急いでいる。6月に施行された特例法でコロナ患者にまで対象を広げたが、これまでの選挙では利用が低調だった。選管側は保健所や療養先のホテルを通じた案内を進めるとともに、利用者に感染対策を徹底するよう呼び掛けている。

感染症法などの規定により、新型コロナの感染者は無症状でも...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り796文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン