/

この記事は会員限定です

偽版画「鑑定」なく横行 歯止めにブロックチェーン検討

(更新) [有料会員限定]

著名画家の偽版画の大量流通で市場の混乱が続いている。一度に複数枚の絵画を制作する版画は、コスト面などから「鑑定」による見極めが浸透せず、偽作を招きやすい傾向があった。「信用を失ったままでは取引自体が成り立たない」。業界の不安が深まるなか、文化庁はブロックチェーン(分散型台帳)による作品管理の検討を始めた。

近畿地方のある画商は「業界そのものが信頼を失ってしまった」とため息をつく。今春、平山郁夫や東...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1221文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン