/

この記事は会員限定です

行動制限なき「第7波」、医療現場に緊迫感 搬送困難も

[有料会員限定]

新型コロナウイルスの感染「第7波」が広がり、医療現場の緊迫感が高まっている。発熱外来を訪れる人や入院患者が急増し、コロナ病床のある病院が救急搬送を受け入れられないケースも出ている。重症化率は低く、感染対策と経済活動の両立を進める政府は行動制限に慎重な方針。日常生活を維持するため、感染の有無を確かめようと自主的に検査場に足を運ぶ人の姿も目立つ。

「発熱外来には1日で700人ほど来ていて、これまでの...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1540文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連企業・業界

企業:

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン