/

出世払い奨学金、返済開始「年収146万円」など複数案

文部科学省は11日、奨学金を卒業後の収入に応じて返済する大学院生向けの「出世払い」型の奨学金について、返済が始まる年収の目安を「146万円」などとする複数案をまとめた。12日の有識者会議で示し、年内にも具体的な制度設計をまとめる。

出世払い奨学金は政府の教育未来創造会議が5月の提言で導入方針を示し、2024年度から大学院段階で始まる。在学中は国が授業料相当額を立て替え、卒業後の年収が基準を超えた場合に返済が始まる。

制度設計では返済が始まる年収水準が焦点となっている。文科省は水準について、①所得に応じて返済額が変わる現行制度で返済額が最低の月2千円になる146万円とする②146万円よりも高額の水準を新たに設ける――の2案をまとめた。

現行の無利子奨学金では、所得に応じて返済月額が決まる「所得連動返還型」が2017年度に導入されている。出世払い型は所得連動型の派生制度として、法的に位置づける案が有力とされている。

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン

権限不足のため、フォローできません