/

この記事は会員限定です

五輪パラ事前合宿、1割見送り 選手との交流期待遠のく

[有料会員限定]

東京五輪・パラリンピックに参加する海外選手の事前合宿や交流事業を行うホストタウンの約1割が、新型コロナウイルスの感染拡大を受け、選手受け入れを断念した。海外の選手団が感染リスクを懸念したことが主な要因だ。今後も受け入れの見送りが拡大する可能性があり、事前合宿を契機にした地域活性化への期待はしぼみつつある。

政府の調査で、ホストタウンとして登録された528自治体のうち、これまでに約40自治体が海外選...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1351文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン