/

「教訓伝える」益城町で鎮魂の祈り 熊本地震5年を前に

2016年4月の熊本地震で震度7を2度観測し、関連死を含め45人が犠牲になった熊本県益城町は11日、発生5年を前に町文化会館で追悼式を開いた。参列者約130人は冒頭に黙とうし、遺族代表の長石美輪さん(41)が「あの時の経験と教訓を伝えていく」と決意を語った。

新型コロナウイルス対策で、参列者を遺族28人や西村博則町長ら町関係者のほか、蒲島郁夫知事などに制限。長石さんは亡くなった祖父、西村正敏さん(当時88)と祖母、西村美知子さん(同82)をしのび「経験と教訓を無駄にせず、災害に対する備えに取り組むことが大切だ」と訴えた。

西村町長は全国からの支援に謝意を示し「仮設住宅などでの生活を余儀なくされている方々もいる。最後の一人までしっかりと寄り添う」と式辞を述べた。

熊本地震は16年4月14日に「前震」、16日に「本震」が起き、益城町では住宅の約6割に当たる6千棟以上が全半壊。町の死者45人のうち家屋倒壊などによる「直接死」が県内最多の20人に上った。3月末時点で276人が仮設住宅で暮らす一方、町中心部では土地の区画整理や道路の拡幅が進み、23年3月には新庁舎が完成予定。〔共同〕

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン