/

この記事は会員限定です

熟練外国人の就労「無期限」 浮かんだ意義と課題

(更新) [有料会員限定]

外国人の在留資格「特定技能」を巡って熟練者に事実上、無期限の就労を認める方向での調整が進んでいる。出入国在留管理庁などは人手不足の深刻な業界の労働者に幅広く永住への道を開く方針。こうした動きに対し、海外人材の受け入れのあり方を模索してきた関係者からは「少子高齢化のなかで技術の継承につながる」という評価の一方、帯同家族を含めた生活支援の仕組みづくりを求める声も上がる。

現在、特定技能の対象業種14...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1317文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン