/

捜査情報漏洩で懲戒免職 神奈川県警の警部補

暴力団関係者に捜査情報を漏洩したとして、神奈川県警は10日、捜査2課の男性警部補(45)を懲戒免職処分にしたと発表した。地方公務員法(守秘義務)違反の疑いでも調べる。

県警によると、警部補は暴力団対策課に在籍していた2015年9月、偽計業務妨害事件の容疑者だった暴力団関係者に、捜査対象者であることを伝えた。

捜査2課に異動後の19年1月には、別の暴力団関係者と県警OBの依頼を受け、恐喝事件の捜査を上司に報告せず開始。昨年1月、組事務所の捜索日時を伝えた。いずれも捜査に影響はなかったという。

警部補は県警OBの紹介で暴力団関係者2人とそれぞれ知り合った。県警の聞き取りに「捜査情報を伝えることで関係性を継続したかった」と漏洩を認めている。

また、警部補と共に19年7月~昨年2月の間、東京都内で情報提供者から計4回、数十万円程度の飲食接待を受けたとして、同席した捜査2課の男性巡査部長(52)を戒告処分とした。同課の警部(45)も監督責任を問い、本部長訓戒とした。

重江光一監察官室長は「捜査に対する信用を失墜させる行為で、深くおわび申し上げる」とコメントした。〔共同〕

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン