/

東京都、パラ聖火リレーの公道走行中止

東京都は10日、新型コロナウイルスの感染状況を踏まえ、都内で今月20~24日に実施されるパラリンピック聖火リレーの公道走行を中止すると発表した。代わりにランナーたちがセレブレーション会場に集まり、関係者のみの点火セレモニーで炎をつなぐ。

都内のリレーは、計35キロほどのコースを700人近くが走る予定だった。都内の62市区町村でおこした火を都庁に集める「集火式」は無観客で行う。採火方法やイベントの開催に関しては各自治体が判断する。

都の担当者は「各地域の見どころを走る予定で、楽しみにしているランナーも多かったので非常に残念だ」と話した。

五輪のリレーも島しょ部を除いて公道は走らず、各ランナーがトーチキスで聖火を受け渡した。〔共同〕

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン