/

この記事は会員限定です

救急搬送困難、最多3361件 「一時受け入れ」整備急務

(更新) [有料会員限定]

新型コロナウイルス感染の第5波が拡大するなか、救急隊が患者の搬送先をすぐに見つけられない「救急搬送困難事案」が15日までの1週間で3361件に上り、過去最多だった第3波のピークを上回った。緊急事態宣言の対象地域を中心に病床が埋まっているためだ。現場は綱渡りの対応が続き、専門家は「一時受け入れ施設の整備が急務」と指摘する。

埼玉医科大総合医療センター(埼玉県川越市)に今月運び込まれた患者は、自ら救...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1155文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン