/

脱走ヘビ元飼い主書類送検 無許可でケージ飼育変更疑い

(更新)
アパートの部屋の屋根裏で発見されたアミメニシキヘビ(日本爬虫類両生類協会の白輪剛史理事長提供)=共同

横浜市戸塚区のアパートでケージから一時逃げ出したアミメニシキヘビを巡り、神奈川県警戸塚署は10日、市に無許可でヘビの飼育施設を変更したとして、元飼い主の男性(24)=同市=を動物愛護法違反の疑いで書類送検した。

ヘビは動物愛護法で飼育に許可が必要な「特定動物」。戸塚署によると、男性は市の許可を得て、2018年11月から逃げたヘビを水槽で飼い始めたが、途中でケージに変更したという。「ヘビが大きくなってきてケージにしたが、仕事が忙しくて申請が面倒だった」などと供述しているという。〔共同〕

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン