/

この記事は会員限定です

北京五輪、悩むスポンサー 「積極姿勢なら批判リスク」

緊迫の北京五輪(4)

[有料会員限定]

「宣伝活動がこんなに難しい五輪は初めてだ」。北京冬季五輪のスポンサーを務める外資系企業の中国法人幹部は漏らす。新型コロナウイルス感染拡大を防ぐため北京市内の大型イベントは開催が難しい。海外からの大口顧客の招待なども困難な状況が続く。

青島ビールなど一部の中国企業が国営テレビ局と組んで宣伝に取り組む姿とは対照的だ。

昨年夏の東京五輪もコロナ下で無観客開催など異例の対応を求められたが、海外企業の悩み...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り709文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン